外壁塗装 見積もり 保証

工事の保証

 

見積書に塗装に関する保証の記載があれば安心です。
ただし、かならずしも見積書に保証について記載されていないからといって、即問題となるわけではありません。
むしろ、保証に関する事項は、契約書に記載、あるいは別途保証書をつけて契約することのほうが一般的かもしれません。

 

ここで大切なことは、保証書そのものが大事なのではなく、工事後に何か問題が起きた場合に、迅速に、誠実に対処してくれる業者かどうかが重要なポイントです。

 

保証期間について

塗装の保証は、外壁・屋根に関しては5年保証が一般的ですが、木部や鉄部、あるいは基礎や土間などモルタル部分に関しては1年(あるいは2年)程度の保証が一般的です。
つまり、外壁塗装の保証といっても、部位によって保証期間・補償内容について違いがありますので、この点は注意しなければなりません。

 

中には10年保証などの長期保証を設定している業者もいますが、その場合も一概にすべてが10年保証の対象にはなっていないはずなので、保証部位や保証条件をしっかりと認識する必要があります。。

 

最近では、塗料や外壁材そのものの品質アップにより、外壁塗装が短期間で剥げてしまったという事例は見聞きしなくなりました。
なので、一般的な外壁塗装の保証期間である5年程度では、外壁そのものの塗装が劣化してしまうことは、まずないでしょう。

 

ただし、塗装下地としてのサイディングの質が悪かったり、モルタル下地の状態がひどい場合には、早々に塗膜がはげてしまうこともあります。
そういった場合でも、優良な業者であれば保証対応してくれるのが慣例です。
それでも、短期間で塗装が著しく劣化するような場合は、塗装工事そのものより下地に問題があることが多い、ということは覚えておくと良いでしょう。

 

我が家が利用したヌリカエなら、見積もり金額だけでなく、見積もりの内容、保証についてまで直接相談できるので、スゴく安心だと思います。
業者を決定したあとの契約手続きのアドバイスはもちろん、他社への断りも代行してくれるので、心理的な負担もほとんど感じませんでした。