外壁塗装 色選び イメージ

イメージ通りの外壁の色を実現するための方法

 

外壁塗装の経験者の中で、「イメージ通りの色に仕上がらなかった」という不満の声は少なくない・・・というより、工事完了後の不満の中で一番多い意見だそうです。

 

日本塗料工業会の色見本帳

一般的に、塗装工事を行うときに使用する塗料は、色見本帳から施主が好みの色を選ぶわけですが、実際に素人が色見本帳を眺めても見本が小さすぎて、全体の仕上がりの色をイメージすることは困難です。
家には凹凸があったり、塗装する面の模様があったりと、同じ色のペンキを塗ったにもかかわらず、びっくりするくらい違った色に見えてしまうことがあります。
また、家の周辺に木々の緑が多かったり、隣家の色との兼ね合いなどの周囲の風景や太陽光によっても大きく左右されてしまいます。
私が習ったところでは、往々にして家の外壁塗装では、色見本帳で選んだ色よりも薄色に仕上がる(見える)そうです。

 

ただ、「薄く見える」と言われても、その度合いがわかりませんよね?
そういう場合に的確に色を確認・決定するには、ご近所で「この壁の色!」」と思う家があったら、塗装業者さんに「あの家の壁の色にしたい」と伝えるのが一番です。
本物を見せることで、描いているイメージを、しっかりと業者さんに伝えることができます。

 

また、近所に現物が見当たらない、あるいは複数の色で迷って決められないという場合には、カラーシミュレーションを利用するとよいでしょう。
カラーシミュレーションとは、パソコン上で実際に家の写真を好きな色に着せ替えて、比較・確認するシステムで、今では多くの業者さんが導入しています。
もっとも、これもあくまでも画像上での確認なので、仕上がりとのギャップが生じてしまう可能性はありますが、イメージを掴むにはとても便利です。

 

塗料選びのコツ

 

納得のいく仕上がり、そして長持ちさせる外壁の塗り替えを実現させるには、何といっても職人さんの技術によるところが一番です。
そして、次に大事なのは、塗装に用いる材料(塗料)でしょう。

 

塗料については、素人には判らないのが普通ですが、根本的にホームセンターなどに売っている家庭用のものと業務用ではまったく性能が違うということは覚えておきましょう。
それから、素人でも基礎的なことを知っておくだけで、業者さんとの打ち合わせがスムーズになったり、怪しい業者に騙されることを避けられたりするので、予備知識として知っておくとよいと思います。

 

現在、大小多くのメーカーが、多種多様の外壁用塗料をラインナップしているため、素人がそのすべてを理解することは困難ですし、そんな必要もありません。
必要最小限の情報を知っておくだけで、マイホームの塗り替えに十分に役立てることができると思います。

 

最初に、我が家で使用したシリコン樹脂系塗料を例にします。
私もマイホームの塗り替え工事を経験して初めて知ったのですが、一口にシリコン系といっても、水性や溶剤系(油性)、1液型や2液型と、複数存在します。
そして、一般的にシリコン系塗料の耐久年数は約10年といわれているのですが、実は水性1液型や溶剤1液型では、早ければ5年程度で色が褪せてしまうそうです。

 

  • 水性1液型:大手ハウスメーカーなどは主にコレを使用しているようです。扱いやすいため作業性が高く、また環境への影響も少ないですが、溶剤系に比べて耐久性や密着性が劣ります。ホームセンターで売っている水性塗料と同等の塗料です。
  •  

  • 溶剤系(油性)1液型:油性でありながら扱いやすく水性塗料よりも耐久性が高いため、よく使用されています。一般的な塗り替え工事では、主にこの塗料が使われていることが多いようです。ホームセンターで入手可能な油性塗料と同等の塗料です。
  •  

  • 溶剤系2液型:使用するときに主剤と硬化剤を混ぜる手間がかかります。実際、2液の調合には秤を用いて誤差の無いように作業します。外壁だけでなく屋根、トイ、雨戸などもこの溶剤2液型の塗料を使用するのが原則です。

 

上記の通り、同じシリコン塗料でも、あきらかに違いがあります。
耐久性や密着性を考慮すると、溶剤系2液型の塗料は、他の塗料に比べてはるかに性能が高いので、マイホームの塗り替えではできればこの種の塗料を使用したいところです。

 

業者さんとの打ち合わせで注意したいポイントは、外壁や屋根に溶剤系2液型塗料を使用しておきながら、付帯部分には溶剤1液型などランクの下がる塗料を使うことがないように確認することです。
付帯部分ということで勝手に塗料のランクを下げたり、見かけ上工事費を安くするために、付帯部分の塗料ランクを下げたりする業者さんも少なくないそうなので、しっかりと細かいところまで相談してください。

 

下記に、我が家の塗り替えのときに比較・検討したいくつかのメーカーと塗料名をまとめておきますので参考にしてください。

 

エスケー化研(株)

塗料材質

水性1液型

溶剤1液型(油性)

溶剤2液型(油性)

ウレタン系 水性コンポウレタン 1液マイルドウレタン クリーンマイルドウレタン
シリコン系

水性コンポシリコン
水性セラミシリコン

1液マイルドシリコン クリーンマイルドシリコン
フッ素系

クリーンマイルドフッソ

 

日本ペイント(株)

塗料材質

水性1液型

溶剤1液型(油性)

溶剤2液型(油性)

ウレタン系

オーデフレッシュU100U
水性ファインウレタンU100

ニッペ1液ファインウレタンU100 ニッペファインウレタンU100
シリコン系

オーデフレッシュSi100V
水性シリコンセラUV

ニッペ1液ファインシリコンセラUV ニッペファインシリコンフレッシュ
フッ素系 オーデフレッシュF100V ニッペ1液ファインフッソUV ファイン4Fセラミック

 

関西ペイント(株)

塗料材質

水性1液型

溶剤1液型(油性)

溶剤2液型(油性)

ウレタン系

アレスアクアレタン
コスモレタン

アレスエコレタンU セラMレタン
シリコン系

アレスアクアシリコンACU
コスモシリコン

カンペ1液MシリコンHG セラMシリコンV
フッ素系 アレスアクアセラフッソ

セラMフッソ

 

この他にも塗料メーカーは複数ありますので、不明な点は事前に施工する業者さんに問い合わせてみるとよいでしょう。
ただし、「当社オリジナルの塗料」をすすめてくる営業マンには、くれぐれも注意してください。

 

我が家では使用しなかったものの、私が学んだ代表的な塗料の特徴も合わせて紹介しておきます。

  • アクリル樹脂系塗料:価格は安いですが、あまり耐久性が高くありません。耐久年数は4〜5年なので、小まめな手入れが必要です。
  •  

  • ウレタン樹脂系塗料:価格面ではアクリル系に次いで安価です。耐久年数は6〜8年ですが、予算の都合上あまりお金をかけたくないという場合にはよいかもしれません。密着性はシリコンやフッ素よりすぐれています。
  •  

  • フッ素樹脂系塗料:高価ですが、耐久年数が18年と長いため、長期的に考えれば塗り替え回数を減らすことができ、結果的にはお得になるといってよいと思います。
  •  

  • 遮熱塗料:遮熱塗料は、太陽熱を弾いて、外壁や屋根の表面温度を下げることで、室内の温度上昇を抑える効果があるとされています。耐久年数も18年と長く、地球環境問題を視野に入れた次世代型の塗料です。
  •  

  • 光触媒塗料:光触媒塗料は、太陽の光で壁や屋根に付着した汚れを浮かせて、雨で洗い流してしまうという性質があります。耐久年数が20年と長く、さらに、空気を浄化したり、遮熱効果もある優れた塗料です。現状、認定施工店でなければ取り扱えない特殊塗料です。

 

以上のように、塗料の種類は多種多様で、素人が見極めることはとても難しいです。
考え方の一つとして、塗料を選択する際には、今回の塗り替えをどれくらい長持ちさせたいかを念頭において選ぶとよいと思います。
マイホームのメンテナンスは家族のライフプランの一部です。
用意できる予算はいくらか、次の塗り替えはいつごろ行うのか等々、人生プランとして考えることが大切です。
「いま用意できる予算は〇万円くらい・・・」「次は10年後くらいに塗り替えを考えたい・・・」など、具体的なプランを踏まえて業者さんに相談すれば、最適な塗料を選んでもらえるでしょう。

 

 

→我が家の外壁塗装体験記も参考にしてください

塗料の性能を引き出すワザ

 

外壁塗装は3度塗りが基本です。
では、3回塗ればそれでよいのか、というとそうとは言い切れません。

 

マイホームを雨風から守ってくれるのは「塗膜(とまく)」です。
塗膜とはその名の通り、塗布した塗料が乾燥して出来上がる膜のこと。
塗料でコーティングすることで、いろいろなダメージから家を守るのです。

 

そして通常、3度塗りであれば、3層の塗膜をつくることになりますが、その際ただ単に3回塗ればよいということではないんです
家の塗装の第一の目的ともいえる「耐久性」を十分に発揮させる塗膜をつくるためには、絶対に守らなければならないポイントがあります。

 

それは、しっかりと乾燥させること。

 

塗料を一層塗るごとにしっかりと乾かして、余分な油分や水分をしっかり蒸発させ、一層一層丈夫な膜をつくることが大切です。
塗料の種類、さらには季節や天候にもよりますが、塗膜の乾燥には約3〜16時間必要といわれています。(塗料メーカーの仕様書に規定されているそうです。)
塗膜が出来上がるまでには、けっこう時間がかかるんですね。

 

ここで、見方を変えてみると、職人さんは、一つの仕事に時間をかけてもかけなくても得られる賃金は一緒だということに気付きます。
つまり、この「しっかり乾かす時間」を省いてしまえば、それだけ早く仕事を終える=稼ぎがよくなることになるわけです。
そうなると、悲しいかな、せっかく3度塗り重ねても、結果は手抜き工事になってしまいます。
結局、どんなによい塗料を使用しても、その効果を最大限発揮させるのは、職人さんの意識次第ということなんです。

 

やはり、外壁の塗り替えを依頼するときには、プロ意識の高い職人さん手がけてくれる業者さんを選ぶことが重要だということがわかると思います。

 

3回塗りを確実に見極める方法

日本塗料工業会の色見本帳

前述した通り、外壁塗装は3回塗りが基本です。
なので、見積り段階ではどの塗装業者も、外壁部分に関しては必ず「3回塗りをします」と言います。

 

具体的には、3回塗りの1回目はシーラーと呼ばれる下地処理剤(下地強化剤)を塗ります。
色は透明(白やクリーム色のものもあり)です。
そして、2回目(中塗り)と3回目(上塗り)は、仕上げの塗料を塗ります。
これで3回塗りが完成するわけですが、ほとんどの塗装業者さんは、中塗りと上塗りを同じ色で塗るそうです。

 

もちろん、このこと自体は何の問題もないのですが、一つポイントがあります。

 

しっかりとした塗膜をつくるためには当然、塗りムラがあってはいけません。
しかし、中塗り、上塗りと同色で塗り重ねたのでは、塗りムラや塗り残しが判別しにくいはずです。

 

家一軒分の外壁の面積といえば、大小の違いこそあれ相当な面積です。
いくらプロでも、その面積すべてを一切の塗り残しなく完璧に塗ることなんてできるのでしょうか?
家の壁の中には、狭くて作業のやりにくい箇所手が届きにくい細かなところだってあります。
その隅から隅まで、キッチリと塗れることの方が???ではありませんか。

 

意図的に手抜きをするわけではなくても、3回塗りの2回目と3回目を同色で塗れば、やはりムラや塗り残しが発生すると考える方が自然でしょう。
さらに、もし悪質な業者であれば、少しでも効率を上げて利益を出そうと、作業工程を減らして材料費+作業代を削り、利益を確保するかもしれません。

 

そういったことを防止するために、我が家では業者さんからの申し出もあり、中塗り(2回目)と上塗り(3回目)の色を変えてもらいました。
言うまでもなく、色を替えて作業していれば、もし塗り残しがあっても、誰でもスグにわかるわけです。
こうすることで、我が家にとってはよい仕事をしていただけると同時に、職人さんにとっても確認が楽になると、一石二鳥の成果に結びつきました。

 

ただ、もしかすると、色を替えて塗るということを業者さんにお願いした場合、
「普通はそんなやり方はしない」
「そんなことをしたら仕上がりの色がおかしくなってしまう」
などと言われるかもしれません。

日本塗料工業会の色見本帳

確かに、いつも2回目と3回目を同色で塗装している業者さんにとっては、違和感があることだと思います。
極端な言い方をすれば、真っ黒の中塗りの上に真っ白な上塗りをすれば、下の色が透けてしまい仕上がりも悪くなるでしょう。
ただ、ここで言う色替えは、同系色の色を中塗りに使用するということです。
それならば、仕上がりには何の問題もありません。

 

逆に、普段から狭いところや細かいところの作業をいい加減にこなしている業者さんにとっては、色替えすることは手間がかかるばかりで何の得もないので、いろいろ言い訳をして避けるように仕向けてくるかもしれません。
色を替えて塗ったことで、塗り残しが明らかになり、これまでしてこなかった手直しをして回らなくてはならなくなるわけですから、当然といえば当然です。

 

中塗り・上塗りを色替えする方法は、公共工事では普通に行われている工法らしいので、こちらが何も言わなくても業者さん自ら見積書に、中塗り、上塗りの色替えが明記されていることが理想です。

 

希釈の大切さ

「希釈(きしゃく)」という言葉・・・あまり聞きなれませんが、マイホームの塗り替えには大切なポイントになるワードです。
外壁塗装工事では、塗料メーカーから届いたほとんどの塗料は、塗る前に現場で薄めてから使用します。

 

塗料をシンナーや水で薄めることを「希釈する」といい、薄める割合を「希釈率「といいます。

 

そして、この希釈率は、メーカーが塗料の性能、耐久性を発揮するための基準として、最適な割合が設定されています。
希釈することによって、塗料の粘度(ねばり具合)を調整し、耐久性とともに作業性が高められるのです。

 

もし、希釈がいい加減で、塗料の粘りが強ければ、刷毛やローラーによる塗りムラが目立ちやすくなりますし、反対に薄め過ぎれば最適な塗膜が出来ません。
ところが、キチンと希釈することを面倒がったり、中には刷毛が軽くなり作業が早く進むので、決められた希釈率よりも多く薄めたりと、いい加減な希釈率で塗る業者さんも少なからずいるようです。
それに、規定以上に薄めれば当然、同じ量で塗れる面積が増えますから、塗料代が削減されることにもなりますから・・・。

 

言うまでもありませんが、どんなに高級な塗料を使用しても、薄めすぎた塗料で塗られてしまえば、規定の耐久年数は望むべくもありません
といっても、塗料が薄いか濃いのかなんて、実際に希釈するところに立ち会うのは難しいですし、いくら見てもわかりませんので、これを防ぐ方法はありません。

 

やはり最後は、施工する職人さんを信じられるかどうかになってしまいます。

 

我が家が利用した無料の一括見積りサービスヌリカエを使えば、1回の手続きで複数の業者の見積もりを手にすることができるだけでなく、信頼できる業者さんだけを選択対象にすることができます。

 

ヌリカエに参加している業者さんは、登録時に厳しい審査を受けている優良業者のみなので、「金額は適正?」「手抜きされない?」などの余計な心配を排除できるんです。

 

さらに、万が一、契約や工事に際してトラブルが発生しても、ヌリカエの担当者を通して交渉・解決できるので安心です。
また、見積もりの金額・内容のこと、材料のこと、契約手続きのことなど外壁塗装工事に関することなら何でも相談できて、第三者の目線で答えてくれるので、利用のメリットはとても大きいと思います。

 

加えて、ヌリカエで紹介された業者さんは必ず現地調査を行うので、顔を見ながら直接話すことができます。
見積金額だけでなく職人さんの人間性まで含めて業者選びができることが、工事を依頼する側にとって最大の安心につながるということは、言うまでもありません。