外壁塗装 業者 選び方

重要なのはアフターフォロー

 

 

 

家の外壁リフォームを考えるとき、往々にして今の家を美しく生まれ変わらせることだけを意識しがちですが、家のメンテナンスという意味では、目に見えないところからしっかりとした施工されることが重要です

 

たとえば、10年もつと公示された塗料を使用したとしても、塗り方が適切でなければ10年も持ちません。
実際、塗装作業は職人さんの経験のみで施工されているわけではなく、塗料には製品毎に塗装仕様書という教科書があるのです。

 

塗装仕様書(例)

 

市販の塗料の種類は数千種類あるそうです。
そして、当然ながら、各製品ごとに塗り方が決められています。

 

もちろん、塗装店によって扱っている塗料の数は限られますが、少なくとも1塗装店で100種類程度の塗料は常時取扱っているとのこと。
もし、施工方法を間違えると、塗料の本来の性能(品質)を引き出せないので、塗装仕様書はとても重要なのです。

 

さらに、塗装仕様書通りに施された工事でも、100%の出来かどうかはわかりません。
それは、手抜きや欠陥ということではなく、やはり人間のやることですから、ムラ見落とし、あるいは天候や気象条件による軽微な不具合が発生する可能性があります。
そして、そういったことは工事が完了して2〜3年経ったあとでわかるものです。

 

また、マイホームを持ち続けている限り、外壁塗装は1回で済むものではなく、繰り返し行うべき営繕工事です。

 

なので、工事前や塗り替え完了時点では、アフターフォローの必要性をあまり感じないかもしれませんが、竣工後のメンテナンスまで十分に考慮してくれる業者さんを選んで、末長いお付き合いすることが大切です。

 

営業マンが急にやって来て「今すぐ施工しないと・・・」などと言われたからといって、決して慌てて塗り替えを行ってしまってはいけません。

 

外壁塗装業者のタイプ

家の塗り替えを依頼するにあたって、業者さんのスタイルを把握しておきましょう。
業者さんによって、営業手法面や施工面などスタイルはそれぞれ異なると思いますが、ここでは施工費がどういう算段で決まっているのかについて注目してみました。
実はこれもヌリカエの担当者さんに教わったことなんですが、わたしが聞いた限りでは、外壁塗装の業者さんは、大きくわけて5タイプに分類されます。

 

  • 工務店:工務店(中間マージン)+下請け業者(中間マージン)+孫請け業者
  • 営業会社:営業会社(中間マージン)+担当の営業マン(報酬)+下請け業者
  • 総合リフォーム店:リフォーム会社(中間マージン)+担当の営業マン(報酬)プラス+下請け職人
  • 塗装屋:自社職人(場合によっては下請け職人)
  • 塗装職人(専門店):自社職人

 

工務店や営業会社、総合リフォーム店の場合、ほぼ間違いなく施工する職人さんは、下請け業者や孫請け業者です。
つまり、中間マージンとして、工事に関係のないお金が工務店や営業会社、リフォーム店に落ちるということです。
さらに、下請け業者さんは、契約工事金額から数割カットされた金額で作業を行わなければいけないという状況が少なくないため、そうなると、下請け業者さんは自らの利益のために手を抜いてしまうことにもつながりかねません。

 

そういったことを考慮すると、自社職人で作業してくれる業者さんに発注するのがベストでしょう。

 

とは言っても、たぶん営業マンに「施工は自社の職人さんですか?」と質問すると、ほぼ間違いな「下請けは使いません。ウチは自社職人です」と答えると思います。
そう言われてしまえば、「本当にそうなのか」を確かめる術はありません。
それならば、最初から自社職人が塗り替え作業してくれる塗装屋さんや塗装職人さんに直接お願いした方が簡単です。
逆に言うと、こんなに簡単なことで防げるリスクはとても大きいと思います。

 

手抜きされないための業者選び方

 

そうは言っても、実際に業者を決めるのは、簡単なことではありません。

 

「塗装屋さんや職人さんなんて、知らない・縁がない」という人は多いでしょうし、どんな会社なのか?・どんな職人がくるのか?どんなやり方をするのか?保証はあるのか?などなど、わかりづらいですよね。

 

だったら、外壁塗装専門の一括見積もりサービスを利用してみては?!
素人が自分自身で業者の情報を集めることは非常に困難ですし、ましてや訪問営業している業者に頼むなんてもっての外!

 

我が家が利用した無料の一括見積りサービスヌリカエを使えば、1回の手続きで複数の業者の見積もりを手にすることができるため、労力を軽減できます。

 

何よりヌリカエに参加している業者さんは、登録時に厳しい審査を受けている優良業者のみなので、「金額は適正?」「手抜きされない?」などの余計な心配を排除できます。
さらに、万が一、契約や工事に際してトラブルが発生しても、ヌリカエの担当者を通して交渉・解決できるので安心です。
しかも、インターネット上ですべての手続きを行うことができるため、時間がなくても簡単に利用できます。

 

また、見積もりの金額・内容のこと、材料のこと、契約手続きのことなど外壁塗装工事に関することなら何でも相談できて、第三者の目線で答えてくれるので、利用のメリットはとても大きいと思います。

 

加えて、ヌリカエで紹介された業者さんは必ず現地調査を行うので、顔を見ながら直接話すことができます。
見積金額だけでなく職人さんの人間性まで含めて業者選びができることが、工事を依頼する側にとって最大の安心につながるということは、言うまでもありません。

 

 

 

→我が家の外壁塗装体験記はこちら