外壁塗装 見積もり 塗料メーカー

メーカー名、塗料名が記載されている?

 

外壁塗装は建築物の美観を保つことはもちろん、建物を保護する役目もあり、住宅を長持ちさせる上で重要な役割を果たします。
適切な時期に、適切な塗装工事を行うことは、家を長持ちさせる上でとても大切なことなのです。

 

外壁塗装工事の見積書において、チェックする注意点はいくつかありますが、塗料のメーカー名、塗料名が記載されているか、ということは重要なポイントです。

 

塗料メーカーというと、日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研その他いろいろあるわけですが、見積書には「外壁:クリーンマイルドシリコン(SK化研)、屋根:ヤネフレッシュF(SK化研)」といったように、工事で使用する塗料の商品名やメーカー名が明示されているのが基本です。

 

外壁塗装の見積金額を左右する要素はいろいろありますが、材料にどこの何を使うか、で金額は大きく変わってきます。
たとえば、経済的なアクリル系塗料と高級なフッ素系塗料では、見積もり価格が何割も違ってきます。

 

つまり、単純に見積金額だけを比較しても、使用する塗料が異なれば、その金額の妥当性や比較の判断などできないことになるのです。

 

実際、業者によって扱っている塗料メーカーは様々です。
もちろんメーカーが異なることは全く問題ないのですが、こうした場合でも、塗料のメーカー名・商品名が分かっていれば、メーカーによる違いを調べることだってできるわけです。インターネットのHPやメーカーに直接問い合わせることだって可能です。

 

現実にはそこまで調べる人は少ないと思いますし、業者さんに信頼がおけるならそこまでする必要もないかもしれません。
ただし、外壁塗装工事の見積もりで、使用する塗料について詳細を提示しないというのは、見積書として不備があると言えます。
見積もり段階で不備がある業者の信頼性は?ということを踏まえれば、この点はぜひ注意していただきたいと思います。

 

さらにもう一つ注意点が!
それは、オリジナル塗料にダマされるな、ということ。
日本国内で大手住宅塗料メーカーといえば、日本ペイント(ニッペ)、関西ペイント(関ペ)、SK化研(エスケー化研)で、いずれの会社も非常に長い歴史を持ち、大規模な研究・開発を行っています。
そして、優良な塗装会社は必ず大手メーカーの塗料を使用しており、その逆に、オリジナル塗料をセールスしている業者はまず信用できないと判断して間違いないでしょう。
高耐久塗料やメンテナンスフリー塗料などの、根拠のないセールストークは、絶対に信用してはいけません。